いつものような青空

2020年5月作成。感染症対策で外出できず近所を散歩した時、普段気に留めてなかった事にたくさんのかけがけのないものが改めて気付く。暗くなりがちな時のそんな発見を残しておきたくて作った曲。

歌詞

女の子がお母さんに 手を引かれて歩いている
もう一方で空を指差し お天道様に笑顔向けた

スロープの陰にタンポポが 僕に向かって咲いている
いつもは気づかぬ黄色い花 今日はやけに目立ってた

目を向けてなかった 穏やかな光景を
非常なこの時気づき 僕は苦笑いする

いつものような青空 消える気配がないありがたさ
いつものような青空 久しぶりに上を向いた


老夫婦が桜の下を 言葉も交わさず歩いている
咲いた花に見向きもせずに 温かな目を前に向けた

気ままに過ごそうとすると 知らずに急ぎ足で歩いている
咲いた花は気になるけれど 今日はのんびり老夫婦見てた

忙しく気に留めなかった 穏やかなひとコマで
意識せず追い抜いてた 僕に苦笑いする

いつものような青空 消える気配がないありがたさ
いつものような青空 久しぶりに上を向いた

演奏履歴

日時 場所 イベント名
2020/5/30 弾き語りLive Bar MK2 恵みの音
2020/6/20 Live Bar Section3 ツルハシを打ちまくれ! Vol.23
2020/11/7 LiveSpot Penguin  

  • 最終更新:2020-11-08 12:43:28

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード